2013年05月14日

カミソリも使わず、刺激の強い薬品も使わないことが肌を刺激しない

カミソリも使わず、刺激の強い薬品も使わないことが肌を刺激しない最もいい方法ですが、だからといってむだ毛をそのままにしていては化粧乗りもいまいちですし、顔色も黒っぽく見えます。電気脱毛は毛根の部分にプロープまたはニードルと呼ばれる細い針を挿入し、電気を流して発毛組織を破壊する、肌の負担の大きい方法です。顔の脱毛には、レーザー脱毛の他にも電気脱毛があります。永久脱毛を顔に施すという手段もあります。レーザーを用いての永久脱毛では、毛根にメラニン色素が多い黒くはっきりした毛の方が効率がよいのに対し、薄いうぶ毛はレーザー光を吸収しにくいのです。レーザー脱毛は電気針脱毛と比較しても早くて簡単、痛みが少ないというメリットがあります。こちらも美容外科などで受けることができます。

家庭でできる日々のケアでは、カミソリでむだ毛を剃った方が脱毛よりはいいようです。永久脱毛という言葉からは完全に毛がなくなるという印象がありますが、確実にムダ毛を減らすことを目標とした言葉です。どのみち顔の脱毛は頻繁に行うべきことではなく、月1回程度に留めるべきものなので、その都度プロにお願いするのも手段の一つでしょう。美容外科などのクリニックで顔の永久脱毛をしてもらえば、顔に生えているうぶ毛やむだ毛の問題は解決しますが、時間も費用もかかることは覚悟しなければなりません。通常は2〜3ヶ月毎に5〜10回のレーザー照射によって、毛がほとんどなくなります。また、なまくらなカミソリを使うと肌に傷がつくばかりです。レーザー脱毛の場合、顔のうぶ毛はワキ毛などと比べると細かくレーザーを照射しにくいことがネックです。

顔の脱毛をするなら、なるべく皮膚を刺激しない方法を選びたいものです。テクニックを磨くのが難しいという人は、自分でやるよりは顔脱毛を美容院やエステサロンに任せるのもかしこい方法かもしれません。クリニックでの顔脱毛の方法としてレーザー脱毛があります。そうすると肌は角質を厚くして刺激を弱めようとするので、色素が沈着し黒ずんでくることがあります。なので、顔面のむだ毛処理をしようとしても、脇の下や足のように処理をしては刺激が強すぎて肌荒れの原因になります。その人の産毛の状態によって効果が異なります。一番手っ取り早い方法は、何度か自分の顔にカミソリを当ててむだ毛を処理し、テクニックを磨くことです。

顔のむだ毛を処理するためには、美容外科やエステサロンで処置してもらうか、自宅で処理しなければなりません。極細の電気針は毛根部に直接刺して電気を流すため、皮膚のメラニン色素の量に左右されずに目的の部位を脱毛できます。顔の皮膚は刺激にとても弱い上にストレスや体の内臓の不調などの影響も出やすく、少しの刺激で荒れるデリケートな部位です。完璧を期待しすぎず、むだ毛やうぶ毛が生えにくい状態になるくらいで考えましょう。わずかでも肌に傷がつくと、炎症や腫れの元になりかねません。とはいえ、目の回りの皮膚などはとても薄いのでカミソリを当てるにもテクニックが必要です。

えぞ式すーすー茶
posted by メディキュア 馬プラセンタ at 22:39| 【メディキュア 馬プラセンタ 効果 価格 格安】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。